テラスハウスはファミリー向け物件に多い理由を知っておきたい

戸建て感覚で住めるテラスハウス

テラスハウスは、2階建て以上の戸建てを横にくっつけて集合住宅とした形を思い浮かべると分かりやすいでしょう。隣の部屋と壁を共有しているものの、上下階は室内階段で繋がっているので、上の階で騒いでも下の階も同じ部屋ですから上下階の騒音問題はおきません。左右の音のみ気をつければ良いので、比較的音が発生しやすい子供がいる世帯に人気の物件です。戸建て賃貸は高いケースや古いことも多いので、テラスハウスに住んでいる人もいます。

専用庭が付いていることが多い

テラスハウスでは、各部屋ごとに区画された小さいながらも専用庭が用意されていることが多いです。玄関側には目の前に駐車場が完備されているケースが多く、玄関側には駐車場・窓側には庭という戸建てに近い構造が魅力となっています。専用庭の使い方は、入居者の個性が出やすいので、ペット可物件ならば愛犬が走り回ることも出来るでしょう。庭は区画されているので、隣の人との挨拶を交わす頻度が高くなり、マンションよりも隣同士の付き合いが濃くなる傾向にあります。

ワンルームとはならないので広い

テラスハウスならではの特徴として、少なくとも1階と2階が同じ部屋として内階段で繋がっている構造となっているので、ワンルームとはならずに最低でも1LDK以上の広さが期待出来ます。ワンルームが横に繋がってしまうと、昔ながらの長屋構造となるので、テラスハウスと構造は似ていても雰囲気がまるで変わってしまいます。テラスハウスでは1LDK以上の広い空間を活かして生活出来るので、家族向けの住宅と言えるでしょう。

鉄道を使って通勤する場合には、千歳の賃貸物件探しでは駅前にこだわることが重要です。敷地内駐車場がある物件は、マイカーを使う人にふさわしいです。


Tricks For Moving ©2019. All Rights Reserved.