マンション選びで後悔しないためのポイント3点

立地条件は最優先事項

マンションを選ぶうえで、最優先事項は「立地」と言えます。特に交通の利便性は、マンション購入の大半が働き盛りの世代であることから、とても大事な要素です。最寄駅までかかる時間の確認と、最寄駅が快速や特急電車の停車駅かどうかも確認しておきましょう。尚、不動産屋の表示で「駅から3分」は約800メートルと言われています。幹線道路に近いかもポイントの一つですが、幹線道路沿いは騒音に悩まされるリスクがありますので、注意が必要です。次に子育て中の世帯の場合は病院や学校への近さもポイントとなります。特に子どもに健康の不安がある場合は、病院へのアクセスはきちんと確認しておくべきです。また、学校との距離ですが、学校が隣接している物件の場合、子どもの声や、校庭から巻き上がる砂ぼこりなどが問題になる場合もありますので、程好く距離がある方が良いでしょう。

戸数の多いマンションはお買い得

次に物件そのもののポイントですが、できるだけ戸数が多く、規模の大きなマンションがオススメです。戸数が多いと、共用施設が充実する傾向にあり、共益費も割安になります。また、新築の大規模マンションの場合、デベロッパーは売り切りたいので、売り出し価格を低めに設定している場合が多く、結果、お買い得な物件が多いと言えます。

土地の将来性も確認しておこう

最後に、土地の将来性についてですが、マンション周辺の開発計画も確認しておきましょう。例えば、近隣に大型商業施設や新しい駅の開発計画があれば、将来的にマンションの資産価値が上がる可能性が高まります。定年退職後はマンションを売却して郊外に住みたいと考えている人は、このあたりも確認しておくことをオススメします。

九州最大の都市である福岡市には、企業の本社や支社が多くあり、商業施設や医療機関もたくさんあります。住みやすい環境が整っていることから、福岡市の新築マンションは人気が高い物件が多くあります。


Tricks For Moving ©2019. All Rights Reserved.