お店のイメージにピッタリ!これならイケる!

自分のイメージをしっかり伝えること!

ご自分のお店を持とうとお考えになる時、必ずお店のイメージってお考えになるのではないでしょうか?

経費削減のために前の店舗のままの状態で使用するなら、ご自分のイメージと多少なりともズレが生じるのは仕方ありません。ですがスケルトン状態の貸店舗を使用する際は、自分の思い通りの内装を創りだすことができるのです。

思い通りの内装を造り手に言葉で伝えるのは結構大変です。

イラストにでも描いてみるならダイレクトに伝わるかもしれません。

しかし全ての人が絵を描けるわけではないのです。

言葉で思いを伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

内装を依頼する業者さんに聞いてみよう!

内装を依頼する業者さんは今まで何十件も手がけているプロ、お客様の持つイメージが十分伝われば、造る側の技術でイメージに近いお店が完成するでしょう。

そのためには構想を造り手である業者さんと念入りに話し合って、イメージを業者さんに描いてもらうか、パソコンを用いて店内のイメージに近い画像を見つけるのです。

それによって構想を煮詰めていくのです。

そして次に業者さんにお店のイメージを最終的なデザインにしてもらいます。

お金もかかるのは当然、もしこの段階でお金が予想以上になりそうなら、構想を練り直さなければ厳しいです。デザインと資金との両面で最終決定を煮詰めます。それでようやく構想は完成です。

あとは内装を工事するだけ

失敗せず店舗内装を工事するには、造り手側に自分の考えを伝えることで成功します。

期間もありますが工事の途中でダメ出しすればそれだけ見積り以上になったりなりかねません。

キチンと金額内で収まるように時々工事の様子を見に行くのがいいでしょう。

綺麗でオシャレな内装デザインに仕上げるには、統一感を大事にすることです。チグハグにならないよう家具は一通りそろえてから配置し、カラーコーディネートも基調とする色を決めておきましょう。


Tricks For Moving ©2018. All Rights Reserved.