賃貸契約をしよう!物件選びで最も大事なのは何?

物件選びで最も重要なのは内見

賃貸契約をする前に行う手続きとして最も重要なのは内見です。自分で検索をしたり不動産会社に紹介してもらったりして選びだした物件が本当に良いかどうかを判断するには内見に行って実際に見てみるに越したことはありません。通常は一度は見てから決めるものですが、中には手間暇がかかることを考えてあえて内見に行かないという人もいます。しかし、必ずしも不動産会社が提供してくれる情報は現況を反映しているわけではないので自分の目で見て確認することは必須です。それを怠ってしまったがために失敗してしまう人が多いので気をつけましょう。特に重要なのは内見に行くだけでなく、その場で必要なことを全て確認してくることです。

内見で失敗しないためのコツ

せっかく内見に行ったのに見落としてきてしまったことがあるというのでは時間の無駄になってしまいます。内見に行って賃貸物件を選ぶときに重要なのは、事前に確認事項リストを作成しておくことです。何を見たら良いかわからないという場合にはインターネット上にも様々な人が作成したリストがあるので参考にできます。その中からいらないものを排除して、自分が特に必要だと思うものを追加すればリストは完成します。それを持っていってチェックをしながら内見をすると失敗がありません。部屋の広さや明るさなどの現場に行ってみなければ実感できない部分も多いので、書類や写真だけで判断してしまわずに周到な準備をした上で内見に行くように心がけましょう。

札幌の賃貸マンションは、賃貸情報サイトに多数の物件が掲載されているため、パソコンやスマホなどで手軽に情報収集が可能です。


Tricks For Moving ©2018. All Rights Reserved.