敷金礼金ゼロ!?無料にしている意味を理解しよう!

敷金礼金ゼロの物件のメリットとデメリットとは

敷金礼金ゼロという物件が地域によってはよく見られるようになっていますが、もともとは両方とも数カ月分の家賃相当額を請求されるものでした。このような物件が増えているのは敷金礼金ゼロにすることで借り手を獲得しやすくなるからです。物件が余っている状況がある地域が増えてきている影響で、借り手の獲得競争が激しくなっています。そのため、初期費用を大幅に削減できるというメリットを付与することによって借り手を獲得しようと考えて敷金礼金ゼロとしているケースが多いのが実情です。そのため、初期費用を安くして借りられるメリットの大きな物件が手に入れやすくなっています。しかし、デメリットもないわけではありません。敷金礼金ゼロにしなくても入居者がいるのならゼロにする必要はなく、通常は入居者が少なくて困っている物件になっています。そのため、何か人気がない理由を持っている物件のことが多いのです。

交渉してみるとわかる物件の人気

敷金礼金は交渉してみると意外なことがわかる場合があります。単純に初期費用を減らせて助かる場合もありますが、交渉によって物件の人気の高さを推し量ることができることも知っておくと良いでしょう。交渉してみたけれど敷金礼金のどちらも下がらないというときにはオーナーは入居者が必ず入ると自信を持っていると考えられます。そのため、その地域では人気の物件になっていると推察できるのです。それで比較的値打ちが高い物件だと再認識して、敷金礼金を払って借りるというのも賢い方法です。

旭川の賃貸は、断熱性に大変優れている物件が多く、寒さの厳しい冬場でも効率的な暖房によって快適な室温を保てます。


Tricks For Moving ©2018. All Rights Reserved.